京都北山の行列のできる生どら焼き!朧八瑞雲堂さんに行ってみた

こんにちは、まおです!

最近お取り寄せなどで生どら焼きが流行っていますが、その究極系を京都北山で発見しました!クリーム鬼盛りが大好きなアナタを、この上なく幸せいっぱいにしてくれます・・・!

お店の場所をグーグルマップで確認する

▶︎八坂神社スグ!ロマン溢れるデザートカフェ長楽館に行ってみた

▶︎【今さら人に聞けない?!】京都を代表する老舗和菓子店5選

スポンサーリンク

クリーム率80%!生クリーム鬼盛り生どら焼き

この撮影中、周囲の視線がグサグサw・・・でも、見ているだけで幸せ!

そのお店は、京都北山エリアの朧八瑞雲堂さんで、2009年オープンの新星和菓子店。

この分クリーム層のぶ厚さ・・・!これぞ生クリームファンの理想の形ではないでしょうか?!

私もクリームをそのまま食べるのが趣味!と言えるほど生クリームファンなので・・・もうその血が騒いで仕方ありません。

種類は確か、あずきと抹茶、そしてこの期間限定桜味!ふんわり香る桜に酔いしれそう・・・!

このように割ると食べやすいです!まだもう一個食べれそう・・・^^

割ってみるとクリームの下には粒あんもしっかり。これで1 個340円。

この地点では厳密にはクリーム率65%くらいですかね、それでもこの迫力・・・!

ちなみに、この日はとっても暑く、どら焼きを買ってから撮影までの時間に少しクリームがしぼんでしまいましたので、購入後は素早く食べると良いと思います!

一口食べると、クリームもコクがあるのにいくらでもいけそうなほどあっさり。このボリュームだけに、クリームも食べやすい硬さに作られています^^

スポンサーリンク

ゲットするなら平日の朝イチがオススメ!

平日の開店10分後くらい。もう行列です、恐るべし・・・!

生どら焼きは午前中もしくは、早ければ開店1時間で完売するほど。

さらにお一人様(お子様は買えないそうです)までなのが残念なのですが、それでも並んで買いたくなるほど・・・。

ちなみにこの日は平日だったからか、並んで15分ほどでゲットできました!一見凄い並んでるようですが、回転は早いです!結構前にメディアよりブレイクしたそうですが、今でもこの人気ぶり。

店内は撮影禁止ですが、他の和菓子の種類も豊富でした。この羽二重のどら焼きも人気者!

並ぶの好きじゃないんですが、それでもこれなら並んででも食べたいです!

わざわざ並ぶその理由も一度食べたらわかっていただけるかと・・・!これからは桜のシーズン。お花見スイーツにも是非いかがでしょう?・・・いや、それにしても衝撃的な神スイーツでした!

【五感で春を楽しむ】京都エリアの桜の見えるカフェまとめ

店舗情報

朧八瑞雲堂(おぼろやずいうんどう)

市バス下竹殿町停 徒歩1分(北大路駅徒歩約22分)

  • 京都市北区紫竹上竹殿町43-1
  • 075-491-6011
  • 9時〜19時(売り切れ次第終了)
  • 火曜定休
  • 駐車場なし
  • お店食べログページ

 

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

見てくださってありがとうございます! 大阪梅田を中心に、関西の美味しいスイーツをほぼ毎日食べまくる自称デパ地下オタです。 デパ地下に寄ると、気がつけばいつも爆買い状態です。 みなさんが食べたいと思ったスイーツの情報を わかりやすく、そして沢山お届けできるように頑張ります! 最近はスイーツの内覧会や新ブランドの取材や、こっそりテレビ番組にも出演させていただいたりと、貴重な経験をさせて頂いており本当に感謝感謝です!